エーテルメーカー


今より遥か昔、そこは剣と魔法と戦争の時代だった。

戦場の魔道士にとって、前線での魔力枯渇は死活問題であった。
時の王は魔力回復薬「エーテル」開発を民間に広く要請し、懸賞金をかけた。
高額の懸賞金を目当てに学者たちは、日夜、研究競争を繰り広げた。

ここに展示するのは、その研究過程を記した資料である・・・。

魔道具研究ギルドについて
被験者について
実験方法について


実験結果報告書
ターコイズワーム
ヨロイキノコ

<戻る> inserted by FC2 system